仕事をしながらの転職活動は時間的な制約があるため、精神的にも肉体的にも大きな負担になることがほとんどです。しかし、いざ退職してから就職先を探そうとすると、時間に余裕はあっても金銭的な面で焦燥感を感じたりプレッシャーを負うことになりますから、できることなら働きながらの転職活動のほうが好ましいと言えます。

 

 働いているということは、やはり転職活動に時間を避けないというのがデメリットになります。面接や筆記試験などは事前に通達がありますから、休みなどを調整することもできますし、予めスケジュールを組むこともできます。問題となるのは履歴書や自己PRのためのシートなどを作成したり、面接や筆記試験などの対策を寝るための時間が捻出しにくいという点です。

 

 限られた時間の中で転職を成功させるためには、3つのポイントが有ります。まず1つ目として挙げられるのは、受ける会社を絞るということです。志望する会社を絞ることによって1つ1つの会社に専念できますから、自分の中で仕事や会社への条件・希望を明らかにしておき、精査する必要があります。

 

 2つ目に挙げられるのは、自己PRや面接対策として自己分析を行うということです。紙に書いてみたり本を読むだけでなく、通勤時や食事を食べながら、それこそ暇さえあれば考えることをおすすめします。何かにつけて「なぜ今自分はこの選択をしたのだろう」「この行動をしたのか」と考えることで、自分の基盤となる考えを見つけることができます。自己分析がしっかりしていれば自分のアピールポイント、尊重している考えなども容易に見つけることができるでしょう。

 

【お役立ちサイト】
ニートの就職を勝ち取る
ニートが就職を勝ち取るための情報が満載!

 

文部科学省ホームページ

 

 そして最後に挙げられるのは管理をするということです。体調管理、時間の管理、これらを徹底することでムダを省くのです。限られた条件下で成功を収めるためには、ある種自分を追い込むことも必要になるのです。