私は、製造業からIT関連に転職した経験があります。まず製造業では、火薬を使った製品の設計、開発を行っていました。それで、現場での力仕事から事務的な書類の作成、コンピューターによる設計や計算など、いろいろなことを手がけていました。

 

 しかし、転職となると、火薬の知識しかないので、つぶしがきかない状態でした。また、火薬類取扱いに関する資格しか取得していなかったので、その面でも転職には不利な状況でした。そこで、製造業の会社を退職した後、深夜のアルバイトをしながら専門学校に通いました。

 

 その専門学校の在学中に、パソコン関連、情報処理、簿記等の資格を取得しました。また、コンピュータープログラムに関する知識や技術についても、一生懸命学びました。その甲斐があってか、あるIT関連企業に就職することが出来ました。

 

 就職する際には、面接だけだったのですが、履歴書に所有している資格がどれだけあるかで印象がかなり違うと思います。転職を考えるのであれば、転職しようとする業種に関するスキルをまず磨いておくことが不可欠だと思います。

 

 そして、できることなら、関連する資格を出来るだけ多く取得しておくべきだと思います。そして、最後は人間性です。就職、再就職に限らず、かならず面接はあります。また、働き始めれば、職場の人達とコミュニケーションをとっていかなければなりません。

 

 面接では、これから一緒に仕事をしていくのにふさわしい人かどうか、良く見て判断されることになります。社会人としての人間性を磨いていくことも重要なスキルの一つだと思います。