看護師の場合は全国津々浦々どこへ行っても需要があるので、比較的転職が容易な職種だとされています。たとえば、病院などが少ない地域に住んでいたとしても、看護師の場合は老人介護施設で働くこともできますし、必ずしも病院や介護施設で働かなければならないといったこともありません。

 

 今まで病院や介護施設で働いてみて「自分には合わない」「もっといい働き方があるような気がする」と思うのであれば、看護師用の人材バンクなどに登録して、転職のためのマッチングテストなどを受けてみることをおすすめします。マッチングテストを受けると、自分の適性を第三者の視点から見ることができます。

 

 また、看護師の場合は「企業看護師」や「派遣看護師」といった枠組みもありますし、働き方は多種多様なので、マッチングテストを受けた結果そういったものの方が良いとわかったのであれば、そういった企業に積極的にアプローチしていけばいいのです。

 

 看護師は離職率が最も高いといっても過言ではない職業であり、転職に悩んでいる人もかなり多い業界なのですが、資格自体が「転職に有利」なものなので、そこまで悩む必要はありません。まずは人材バンクなどに登録するところから始めるようにし、前向きに取り組むようにしましょう。